山形の旅 ―結局食べてるだけだった編

こんにちは。
今回は、山形のトマト農家「とまとやよずべぇ」さんに、
8月はじめ、取材の旅に行ってきました。

絵本を描いたナオヤさんのご実家が山形ということもあり、
ご実家に泊まらせて頂いた1泊2日の旅…!
とーっても食的にも充実したものでした!


◎取材・文 山本ペロ

旅のはじめは 駅弁「牛肉どまん中」

はじめての山形の旅。
はりきって旅のしおりまで作りました…汗。

グラフィックデザイナーに渡すのにWordで!!

今回は、検討したあげく、時間をかけて深夜バスで行くよりも、
ちょうど発売されていました
「東北フリー乗車券(東京近辺ー東北が安い)」を使って、
新幹線で行ってまいりました。

米沢から先でしか販売していない、特別な駅弁を食べます。

ナオヤさんおススメの弁当、「牛肉ど真ん中」。うすーく切ってチリチリしてる牛肉が一面に敷き詰められたお弁当! うまいっす!!

 

ぶどうから作っているワイナリーでべろんべろん

まずは、ナオヤさんのたっての希望で、
タケダワイナリー」へ。

ぶどう栽培から製造まで行っているワイナリー。
蔵王スター」というワインを、
どこかで見かけた方も多いと思います。

ワイナリーの周りは、本当に見渡す限りのぶどう畑!

これ全部タケダワイナリーのぶどう畑っすよ!!

もうなっている種類のぶどうもありました。緑のぶどう。まだ、粒が固そうです。

しかして、時期的に完全にオフシーズン。
がらんとした部屋を見学しました。
もうすぐ、ここの部屋や、上の駐車場も、ぶどうのケースやワインでいっぱいになるようです。

ひんやりして、心地よい湿度のワイン貯蔵庫。

そして、オフシーズンに来た私たちを気にしてくださった
案内の方が、思いっきり飲ませてくださいました。
お酒弱いので、ついつい飲み過ぎて顔が真っ赤に…

目も死んでる…

飲めないわたくしが超うまかったのは…
蔵王スター アイスワイン 白(甘口) 720m

ぶどうジュースもおいしかったです。
ナオヤさんも、アイスワインのロゼを実家のおみやげに買っていました。

アイスワイン、本当ジュースみたいでうまかったです。。
これがあのデラウェアからできたというんですからオドロキ。
お酒が弱い方は、とくにおいしく飲めると思います。

山形新幹線 かみのやま温泉駅からタクシーで5分です。
ワイン好きの方はぜひ…。試飲が、お酒弱い私でも楽しかったです。

タケダワイナリー
山形県上山市四ツ谷2丁目6-1
http://www.takeda-wine.co.jp/

ちょっとだけ酔っぱらった私たちは、
今日、泊めてくださるナオヤさんのご実家へ。

 

ただのそば屋じゃなかった! 恐るべしじゅんさい沼

ナオヤさんから「そば屋で働いている」と聞いていた、
お母さまに迎えに来て頂き、お母さまの仕事が終わるまで、
おそば屋さんでひとやすみ… と思いきや!
どーん! おそば屋さんからの窓からの景色が!!

撮影:たしろさん(いただきます探検隊 制作・進行担当)

なに、この大きい沼の絶景は!!

聞くと、このおそば屋さんはただのそば屋ではなく、
この高級食材「じゅんさい」が自生して
まるで畑のようになっている「じゅんさい沼」
でじゅんさいをとっていて、
そのとれたてのじゅんさいをお蕎麦と食べるという、
地域の名物店なのだそう…。

今は、じゅんさいも採れる場所がどんどん減っているので、
貴重なところなのだとか…。

しかも、蕎麦の実も自家製。そばも自家製でうっているらしい…

す  ご  い !!

「(…というかこのお店に取材に来てもよかったんじゃ…)」

「(今日のじゅんさい採りの時間終わってるし…)」

と、心の中で思う、私とたしろさん… 笑

「じゅんさい食べていく~?」
のナオヤさんのお母さんの声に、
ぜんぜん遠慮しないで「はい!!」と元気よく返事する私たち。

瓶詰や袋詰めになってないじゅんさい、
一度でいいから食べたかったのですが、
まさか、まさかここで叶うとは!

撮影:たしろさん

トローンとした天然のゼリーにつつまれた、若芽を、酢醤油で頂きます。
歯触りもシャクシャクして、トロシャク!

しかし、スーパーで見た瓶詰より大きいなー。

あとで行った、沼近景。撮影:たしろさん

そばの陣 じゅんさい
山形県村山市大字田沢字新西2163-3
http://sobanojin.jimdo.com/

奥さん、知ってました? ウニって海苔食べるんすよ…

そして、その後、今日お世話になるナオヤさんのご実家へ。
家に着くと、畑で、夕飯の野菜の収穫をさせて頂きました。

今日食べるきゅうりを吟味するナオヤさん

たくさんとれました!

おなじようにたくさんとれたトマトで、
すかさずトマトジュースを作ってくださる、
ナオヤさんのお姉さん
(イラストレーター・エッセイストのきくちいまさん)。
実はわたくし、きくちいまさんの長らく
ファンだったのでちょっと緊張するかな…と思いましたが、
おうちの雰囲気がなごやかで、ほっとしました。

できたてのトマトでジュース!
おいしーーい!
私は市販のトマトジュースは飲めないけど、
これはスッキリしててゴクゴク飲んだ!

そして、お姉さんから突如の指令、
たまたま(!)送られてきたウニから
ウニが食べている途中だった、海苔をはがす作業…っ!

この真剣な目!!

私は途中で手がプルプルしてきましたが、
さすがデザイナーが生業のおふたりは、器用にはがしてました…。
このはがした海苔、見かけはまさに「ごはんですよ」。
しょうゆかければ超珍味なんじゃないか…?!
と思ったけど、自粛。

畑からとってきたゆうがおの実は、お姉さんが細く向いてハンガーにつるしてかんぴょうにしてました。

そして、とってきたお野菜で夕食までいただいてしまいました…。

まずはうに丼! 緊張して思わずウニをすくなくとってしまい、
若干後悔の図… 笑

そして、雑草「すべりひゆ」ときゅうりの酢の物。
すべりひゆのシャキシャキ感が、すっごくおいしい!!
雑草なのに、きゅうりという、
まさしく食卓酢の物大スターと、堂々とわたりあっています。
この子なら、紅天女を演れるわ…そうよね? 紫のバラの人!!!(謎

ということで、もし私の住んでいる横浜で見つけたら、
摘みまくってゆでまくろうと思いました…。
(が、いまだ見つからず…)

デザートに「近所の人から頂いた」というすいかを頂きましたが…
しっかり甘くて味があって、おいしかった!
さすが、山形のすいか!。 名産地の尾花沢のものではないそうですが、
それにしたってすごくおいしかったです。

ああ~おいしかった、とお世話になりっぱなしで、床についたのでした。

 

ひつじの隣でひつじ食う

次の日、とまとやよずべぇさんのところへ行った帰りに、
とまとやよずべぇの代表、小野さんのお友達であり、
なおかつナオヤさんのご実家に近い、ジンギスカン屋、
「ひつじや」さんで夕食を食べました。

店の前にある羊小屋…。これからおまえたちの友達を食べに行くよ…。撮影:たしろさん

撮影:たしろさん

常連さんがつぎつぎといらっしゃる店内で、
とってもおいしいお肉に特製たれをつけて食べて、
しかも、なんというか、お店のすみずみまで、
お店らしさがしみこんでいる、
心のこもったお店でした。

アイスクリームもおいしかった!

景色もいい~ 撮影:たしろさん

ひつじや
山形県村山市富並4220-15
http://www5.plala.or.jp/hitujiya/

一見すると、こんな食べてばかりの旅でしたが、
よく見ると、野菜、お肉と、その場でとったものを、
食べているのがほとんどな、1泊2日でした。

山形、すごいなー

 

企画・編集 いただきます絵本プロジェクト
いただきます絵本プロジェクトは、心のこもった「いただきます」の言葉が広まるように、私たちの“食べる”を支える命・自然の恵み・人々の営みを知り、伝えていくプロジェクトです。2013年、「いただきますの日」普及推進委員会に参加しました。
http://itadakimasu.agasuke.net


Related posts:

野口勲講演会 〜固定種について伺ってきました。

鶏の屠殺 〜屠殺ワークショップの工程を絵にしました。

六本木“シェア盛り”祭