触るおいしさ、スリランカごはん

先日、スリランカ在住の日本人・伊藤理恵さんに取材をさせていただいたご縁で、スリランカの「おうちごはん」をご馳走になりました!

伊藤さんは、スリランカ人男性との結婚を機にスリランカへ移住。しばらくして旦那様を亡くされますが、その後もお子さんとともにスリランカに住むことを決め、現在は「モミジ・ナチュラル」という布ナプキンの会社を経営されています。今回は、そんな伊藤さんのご家族のお宅にお邪魔させていただきました。

スリランカの料理は主食のごはんと複数の副菜(いわゆるカレー)を組み合わせたもので、来客が多くても量の加減がしやすいようになっています。急な来客があった場合もすぐにごはんを出せるよう、家族が食べ終わったあとも、しばらく片付けずに置いておくのだとか。「もうごはん食べた?」が、挨拶がわりなのだそうです。

自分の好きなように具を盛り付けるスリランカ・カレー

スリランカの食事は、ごはんの上にいくつかの副菜をのせて、それらを手で混ぜながら食べます。私たちは外国人ということで、アンマ(お母さん)が気を遣ってスプーンとフォークを用意してくださいましたが、せっかくなので手で食べてみることにしました!

二人とも、カレーを手で食べるのは初めて。やってみると、これが意外と難しい!普通につまんだだけでは、お米がボロボロ落ちてしまってちっとも口に入らないのです。伊藤さん曰く、スリランカでは食べるときだけでなく、料理をするときもかなり指先の動きが重要で、本当に「手料理」という言葉がしっくりくるとのこと。私たちも伊藤さんに指先の使い方を教えていただくうちに、なんとなくコツをつかんでいきました。そして、ひとつ気づいたのです。

触覚にも「おいしさ」ってある!

お米の感触、野菜の感触、お肉の感触。柔らかいのか、固いのか。乾いているのか、湿っているのか。温かいのか、冷たいのか。そういうのを、口に含むより先に手で味わえるって、すごく新しくて楽しい感覚でした。なんだか一口一口に、愛着が湧いてしまうのです。

伊藤さん撮影

 

カレーのあとは、スリランカの伝統デザートも。

ミーキリ(水牛のヨーグルト)

上の写真は、「ミーキリ」と呼ばれる水牛のヨーグルト。日本で普段食べているヨーグルトよりもクリーミーで、ヨーグルトとクリームチーズの中間くらいの味がします。伊藤さんはこれを水切りして、クリームチーズ代わりに使うこともあるそうです。

キトゥルハニー(孔雀椰子の花の蜜)をたっぷりかけます

ミーキリにかけているのは「キトゥル・パニ(英:キトゥル・ハニー)」という天然の甘味料。クジャクヤシという、ココナッツとは違うヤシの花の蜜を煮詰めたものです。みなさんご存じのとおり、ヤシの木って背が高いですよね。そのためこの蜜を集めるために職人さんは木に登り、しかも自然の力に委ねてじっくりゆっくり集めていくのだそうです。採った蜜を煮詰めたものが「キトゥル・パニ」、もっと煮詰めて固形化させたものが「ハクル(英:ジャグリ)」になります。ちなみに自然発酵させると「キトゥル・ラー(英:キトゥル・トディ)」という椰子酒になるそうです。

キトゥル・パニは甘さの中にちょっとダシのような旨みがあって、ミーキリとの相性も抜群でした!

ワタラッパン

上の写真は「ワタラッパン」。先ほどのハクルとココナッツミルクで作る甘いお菓子です。味のイメージとしては黒糖プリンに近いと思います。本当にすごく甘いのですが、人工的な甘さとは違い、胸やけのするような感じはありませんでした。また食べたくなる美味しさです。

お庭で採れたバナナとパパイヤ

カレーにお菓子、そしてフルーツまでご馳走になって、尚且つさまざまなことを教えてくださった伊藤さんとご家族の皆さんに、心から感謝いたします。本当にありがとうございました!

 

伊藤理恵さんへのインタビューの内容は後日私たちのblogにアップしますので、是非チェックしてくださいね!

★私たちのHP★

blog「いただきます夫婦の世界一周レポート」

facebook「いただきます夫婦の世界一周」


Related posts:

離島の朝市 

11月11日はロッキーの日?

漁の素朴な疑問を漁師の息子にきく