“世界一おいしいホットドッグ”を食べてみた!アイスランド

イングランド&スコットランドの次にやってきたのは、氷と火山の国・アイスランド!世界一周の旅、記念すべき10ヵ国目です。

アイスランドの面積は約10万㎢、人口は32万人程度。日本でいえば、北海道+四国くらいの面積に新宿区民が住んでいるような感じです(ちなみに東京23区で一番人口が多いのは世田谷区の約88万人、二番目が練馬区の約71万人だそうです。さすが都市圏人口世界一の東京!)。また2014年2月に行われた東京マラソンの応募者は30万人を超えたらしく、ここで考えれば全国民が応募するようなものですね。

首都レイキャヴィークとその周辺にはアイスランドの人口の6割にあたる約18万人が住んでいるそうですが、これが首都?!というくらい、市内中心部はとにかく落ち着いています。アイスランドには電車がないので、移動手段は車かバスですが、数が少ないので渋滞もないし、空気も綺麗。私は慢性鼻炎持ちだと思って今日まで生きてきましたが、そういえばアイスランドに来て5日、まだ1度も鼻をかんでいないことに気が付きました。敏感肌で肌荒れしやすい旦那さんのほっぺも、心なしかつるつるしている。食事が良いわけではたぶんない(物価が高いためやむを得ず、体に悪そうなものも結構食べてます)。ただ単純に、東京の空気が合わなかったのでしょうか。。。?

バスチケットが距離ではなく時間制なのも渋滞がない証拠

そんな世界最北に位置する首都・レイキャヴィークに、“世界一おいしいホットドッグ”があると聞き、さっそく食べにいくことにしました!

市内中心部を東に抜けた海沿い、Radisson Blu 1919 Hotelの近くにこじんまりと立っている小屋がそのお店!

メニューはホットドッグとコーラのみ!地元の皆さんにも人気のようで、この人口の少ない町にあって客足が途絶えることがありませんでした。なんでも、アメリカ元大統領ビル・クリントン氏も何度も足を運んだのだとか(店先に写真が飾ってありました)。期待は膨らむばかり。

おこぼれを狙う鳥。テーブル奥にあるのはホットドッグ置き。

 

さっそくホットドッグ2つとコーラ1つを注文。お店のお兄さんが要領よくパンに具を挟んでくれて、あっという間にできあがり。

これが噂のホットドッグ!1つ380クローネ(約342円)です。アイスランドにしては安い!

いただきまーす

 

ぱくっ

なるほど、日本で食べたことのあるホットドッグとはひと味違う。まず、ソーセージの上にマヨネーズと並んでかかっているソースが何味なのかわからないけど良い風味。そしてソーセージの下にはローストオニオン&フライドオニオン。これがシャリシャリ&カリカリする。

結論としては・・・美味しい!!

手頃なお値段で楽しめる、世界一?の味。アイスランドに来た際は、ぜひ食べてみてくださいね!


Related posts:

離島の朝市 

11月11日はロッキーの日?

触るおいしさ、スリランカごはん